CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
自由参加の交流会「酒論(サロン)」復活です

照明塾は今年で25周年です。

照明塾の原点とも言える自由参加の交流会「酒論」。

いろんなことがここから始まりました。

そんな「酒論」を復活させます。

 

開催日は、毎週木曜日 午後7時からOPEN。

参加費は、当時と同じ500円飲み物食べ物持ち寄りです。差し入れ歓迎です。

(缶ビール等は準備しますが有料となります)

 

参加に予約は不要です。来れる時だけ、来たい時だけご参加下さい。

※所用で開催できないこともあります。近日中に開催カレンダーを準備しますのでそちらでご確認下さい。

 

場所は、西淡路3丁目の「照明塾(本部)」です。

最寄駅はJR東淀川駅、阪急淡路駅。

 

※毎週木曜日は、有馬温泉「工作バー」の営業日ですが、終了時間を4時に変更させていただきます。


 

| - | 12:43 | - | - | pookmark |
展覧会終了
有馬で行なっていた「和ランタン&まごライト展」無事終了しました。ご来場、お買い求めいただいた皆様、ありがとうございました。
| - | 19:10 | - | - | pookmark |
京都新聞と神戸新聞で紹介されました。

神戸新聞の記事

京都新聞の記事

 

神戸新聞では、今有馬温泉で開催中の「和ランタン&まごライト展」が、

京都新聞では、大津で取り組んでいる病院に明かりを届ける活動について紹介されています。

ぜひご覧ください。

 

どちらも、こどもの絵をあかりにする「らくがきライト」がベースになっています。

 

| - | 18:46 | - | - | pookmark |
移転した「こどもホスピス」(淀キリ)の見学に行きます。

今月、淀川キリスト教病院の本院への移転が完了した「こどもホスピス」へ見学に行くことになりました。

日時は3/27(月)15時からです。

見学には書類提出が必要です。今回は「あかりバンク」として申請します。

もし、同行を希望される方がありましたら照明塾までお知らせください。

 

照明塾 お問い合わせフォームからお申し込みください。

 

| - | 20:10 | - | - | pookmark |
3/19(日)講師養成講座(大阪) 説明会開催

「講師養成講座」4月期受講生募集に際し、説明会を開催いたします。

日時は3/19(日)午後1時から、

場所は、照明塾「東淀川駅前教室」です。

 

まず説明を聞いてから受講を検討したい・・という方も歓迎です。是非ご参加ください。

 

参加を希望される方は「問い合わせフォーム」に「説明会参加希望」と明記の上お申し込みください。

 

| - | 21:25 | - | - | pookmark |
講師養成講座(大阪)4月期募集中です。

「講師養成講座」4月期 受講生募集中です。

クラスは2つ

水曜日 夜クラス(19:00〜21:00)

土曜日 昼クラス(1:00〜3:00)

詳しくは照明塾ホームページの「講師養成講座」をご覧ください。

 

※あかり作りの「作家」を目指す方も是非ご参加ください。あかり作りの基礎が身につきます。

写真は子供達の絵をあかりにする「らくがきライト(まごライト)」です。今、照明塾が取り組んでいる新たなビジネスモデルです。

 

「あかりバンク」の活動に興味がある方、講師になって一緒に活動しませんか。次々とプロジェクトが生まれています。あかりバンクをボランティアと考えている人がいるようですが、目指しているのはソーシャルビジネスです。新しいジャンルなので一緒に作り上げていきませんか。

 

※夏休みに子供たちに教える「こども照明塾」もやりがいがありますよ。子供達の情操教育にもなり、とても楽しいです。ポートピアホテルの教室は恒例になっていますがいつも大盛況です。他にもいろんなところから毎年多くの依頼をいただいています。

 

出張講座でも手作り照明教室は人気です。よく依頼されるのがPTAのお母さん方の行事や企業団体様自治体のイベントです。

その他、クリスマスの行事で一度に80人の子供達を教えたこともあります。

 

 

 

 

| - | 20:03 | - | - | pookmark |
あかりバンク沖縄県立こども医療センター PICUあかり導入プロジェクト

「あかりバンク」では、心のケアが求められる病院などに手作りのあかりを届ける活動を続けていますが、この度、沖縄のこども医療センターとご縁ができ、2月9日に同病院に伺いました。(ご紹介いただいた HPSの河本さんと橋田裕司・眞佐子の3名で訪問)
 

こども医療センターにはPICU(小児集中治療室)があり、多くの幼い命が救われています。しかし、そのような医療現場は治療最優先の環境であり、治療後の子供の心のケアやご家族のケアまで医療スタッフが対応するには難しい面があります。このようなことは、ホスピタルプレイスペシャリスト

(HPS)など、他のスタッフが担っています。今回はその担当の方からのご相談でした。担当の方は、私たちのあかりの力を高く評価してくださり、その必要性に高い関心を寄せられています。

 

現場を視察させていただいた印象では、確かに改善すべき点が多々見受けられました。治療室はもちろんなのですが、他にご家族の待合室も考える必要があるなと感じました。治療室については、治療後に子供の目が覚めた時、あるいは経過を見ている時、自分に何が起こっているのか不安になっている子供に、安らぎを感じてもらうことがとても重要だといいます。治療室は無機質で、人の温もりが感じられる環境でないことは確かです。このような空間を手作りのあかりで温かい雰囲気に変えることができるなら、それはとても意味深いことです。しかし現場を見る限り、容易なことではありません。

 

また待合室については、子供さんが治療している間の不安な時間を家族はどのように過ごせばいいのか、現状は、大きなテレビが置いてあり、部屋の半分は畳で横になれるようになっていました。照明は蛍光灯の明るい光です。不安な気持ちを和らげてくれる空間とは一体どのようなものでしょう。

 

今回のプロジェクトは、あかりバンクにとって一段高いレベルで対応しないといけないと考えています。しかも沖縄という距離的にも遠い場所です。これまでのボランティアに近いやり方では資金面でも行き詰るのは目に見えています。そこでプロジェクト実現のためにチームを結成したいと思います。子供たちとそのご家族、さらには病院スタッフの皆さんに、あかりで温かな環境を届けることに関心を持っていただける方のご参加をお待ちしています。

 

照明の専門家の方はもちろん、インテリア、アロマ、色彩、音楽、ヨガ、アート・・・など様々なジャンルの方。さらには費用確保のため、(病院への働きかけ以外に)クラウドファンディングに取り組んだり、寄付を集めたり、チャリティーグッズを販売したりといった面で協力していただける方。CSR(社会貢献活動)として取り組んでいただける企業の担当者の方。デザインや美術系の学校、そしてボランティアとして運営に参加していただける方。みなさんの力で医療現場の常識を変えていきましょう。夜の病院を「寂しい、怖い」場所でなく、「楽しい、やすらぐ」場所に・・・あかりにはそれを可能にする力があります。

また、この活動を継続するには地域の皆さんの協力が欠かせません。。これはまちづくり事業にもつながります。商店街とのコラボを仕掛けたり、行政と連携したり、地元の NPOさんと協力したり・・・・そんな仕組みを作ることも大きなテーマです。そのようなことに関心を持たれている方も是非ご参加ください。

2017年 3月 あかりバンク 代表 橋田裕司(はしだひろし) 

「あかりバンク」のこれまでの活動についてはホームページをご覧ください http://osaka.shomeijuku.com/wordpress/

お問い合わせ等は、あかりバンクホームページの「お問い合わせ」フォームからお願いします。

| - | 12:09 | - | - | pookmark |
3/16有馬工作バー「まごライト」体験教室参加者募集!!キャンペーン企画です。 

3/2から30まで有馬温泉のギャラリー「レティーロ デ オーロ」において「橋田裕司の和ランタン&まごライト展」を開催しています。

「まごライト」というのは、子供達の描いた絵をおじいちゃんやおばあちゃんがあかりにするということと、孫の描いた絵をあかりにして、離れて暮らすおじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントするという2つの意味があります。

ご依頼頂ければ照明塾が製作もいたします。子供達の記念や思い出になったり、おじいちゃんやおばあちゃんの心の癒しになったりと、心をつなぐあかりになります。

それに合わせて「まごライト」の体験教室を3/16(木曜日)に開催します。

通常ですと受講料は8,000円(材料費込み)ほどですが、キャンペーンなので5,000円で受講していただけます。(入会金無料)

お孫さんの絵の写真を持ってきていただければOKです。特におじいちゃん歓迎です。

 

作るのは苦手という人でも大丈夫。丁寧な指導で素敵な作品が出来上がります。お孫さんの喜ぶ顔を想像しながら作るのってすごく楽しいですよ。製作は約4時間ほどかかります。1日かけるつもりでお越しください。製作が終わったらゆっくり温泉にでも入ってお帰りください。

※なお、この日は新聞社の取材が入るかもしれませんので予めご了解ください。

 

お申し込みは、照明塾ホームページの予約フォームか、工作バー080-5710-0861までお願いします。

| - | 11:11 | - | - | pookmark |
ある展示会のお知らせ、そしてこれからの照明塾のこと、有馬での展覧会のこと

東京渋谷でグッドジョブ展という展示会があります。詳しくはこちら

関東方面の方は是非ご覧になってください。

 

先日、その催しの主催者である奈良県香芝にある「グッドジョブセンター」というところに行ってきました。昨年グッドデザイン賞の金賞を取った障害のある方のための福祉施設です。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、空、屋外

 

きっかけはフラッグ(旗)作家として活躍されている福井恵子さんのご紹介でした。

担当の方とお話しさせていただき、これからいろんなコラボができそうな予感がしています。とてもとてもいい出会いでした。

 

今、照明塾では「あかりバンク活動」を通じて医療・福祉・介護・教育といったジャンルの方とのつながりが加速度的に膨らんでいます。先日は沖縄の「こども医療センター」へ行ったり、来月には四国のホスピタルアートに熱心な病院へも行く予定です。10月には今や恒例となった千葉東病院での「病院deあかり展」も開催が決まっています。

 

照明塾が提唱してきた「ライトテラピー」が、いよいよ実践の場で一つの形になろうとしています。「ライトテラピー」を提唱して25年になりますが、一つの思いを実現するにはずいぶん時間がかかります。しかし、その一つ一つの積み上げが今に繋がっています。

 

外から見るとボランティア活動をしているように見えるのだと思いますが、私はその先にあるビジネスの可能性を探っています。もちろんビジネスといっても単なるお金儲けを考えているのではありません。いわゆる「ソーシャルビジネス」です。社会に役立つことをビジネスにするということです。

 

グッドジョブセンターは、障害者の人の作品をビジネス化する「エイブルアートカンパニー」の本部でもあります。

私の考えているビジネスモデルと共通項がとても多いです。そして反対に照明塾への期待の大きさも実感しました。

これから、とてもいい化学反応が起きそうです。

 

実はこのタイミングで某百貨店から催しの依頼が来たので、何か共同のイベント(もちろん販売)ができればと画策しています。

 

このような現状を踏まえ、ここから新たに取り組む課題があります。それは作品(商品)販売です。

これからは教室事業を軸に、照明塾全体として物販事業へも力を入れていきます。販売を考えることは講師のレベルアップにもつながりますし、新たに若い作家志望の人たちを照明塾に取り込むことにもつながると思います。

 

照明塾ではここ数年、このことを見越して通販での販売(クリーマなど)を展開してきましたが、ここにきてやっと実績を作れるようになってきました。この実績をもとに、作品販売も行いたいという講師の人に新たな道筋を示せる段階に来たように思います。

教室と販売、販売と教室・・・これがうまくリンクすることで手作りあかりの裾野を広げていけると思います。

 

照明塾は、常に前例のないことをやってきました。今あるノウハウはすべて手探りでやってきた結果です。25年の時を経て形になってきたノウハウは照明塾の宝物(財産)です。

例えは大げさですが、ノーベル賞をとった「ips細胞」は基礎研究です。その基礎研究があって今はその実用段階に入っています。これまで私がやってきたのは、どうもこの「基礎研究」だったようです。こんなに一生懸命やってるのになんで儲からないんだろうと不思議でした。経営能力がないというのが一番だと思いますが、やっていたことが、お金をつぎ込む「基礎研究」をやっていたからなんだ・・と思えるようになりました。いよいよ照明塾も実用段階に突入です。

 

3月に有馬温泉で「和ランタン&まごライト展」を開催します。すでに新聞・テレビからの取材申し込みもあるのですが、ここをきっかけにして新たなステージへ登っていきたいと思います。

 

(子供達の絵をおじいちゃんやおばあちゃんが作る「まごライト」。逆に、まごの絵のあかりをおじいちゃんおばあちゃんにプレゼントする「まごライト」)

 

余談ですが、先日「スペシャルキッズ・サポーターズ倶楽部」のイベントに参加してきました。病気や障害を抱える子供たちの支援活動です。全国から多くの方が集まられたのですが、皆さんの子供たちと向き合う姿勢になんとも言えぬ温かさを感じました。あかりを通してこのような方達とお付き合いできることはとても気持ちのいいものです。

グッドジョブセンターの方にも同じような温かさを感じました。そのような輪の中に入れることはとても幸せです。(感謝)

お金でつながるネットワークというものもありますが、やっぱり私は人の心でつながるネットワークがいいです。

 

 

| - | 12:40 | - | - | pookmark |
「らくがきライト」を結婚式のウェルカムボードにしませんか。

最近、照明塾で力を入れている「らくがきライト」

子供の時にしか描けない絵ってありますよね。それを照明塾があかりにします。

今「らくがきライト」のチラシを作成中ですが、お子さんの卒園記念にしたり、離れて暮らすおじいちゃんやおばあちゃんへのプレゼントにいかがですか・・・とPRしていました。でも、もう一つありますね。

 

結婚式のウェルカムボード。

 

お二人が子供のころに描いた絵をあかりにして飾ればきっとゲストの方にも笑顔が溢れることでしょう。

#結婚式#結婚式手作り#結婚式diy#ウェルカムボード

 

写真の作品は、有馬温泉で子供に優しいお宿として有名な龍泉閣さんの子供さんの絵を元に製作しました。

3月に有馬温泉のギャラリー レティーロ・ドウロで開催する「橋田裕司の和ランタン&まごライト展」にも出品しますので、ぜひご来場ください。

「らくがきライト」のページはこちら

| - | 21:57 | - | - | pookmark |
| 1/97PAGES | >>